› 一日一風水 › 収納 › 自分にあった、暮らしにあった収納スタイルをみつける

スポンサードリンク




2013年11月07日

自分にあった、暮らしにあった収納スタイルをみつける

トップ > サイトマップ


片づけ&収納は家庭科の時間に習いません。家でもお母さんからきちんと教わる人はほとんどいないと思います。

だから、片づけ&収納ができなくても自分を責める必要はありません。

片づけ&収納をし、リバウンドしないようにしたいなら、自分にあった、暮らしにあった収納スタイルをみつけることです。

これが正直むつかしいです。たくさんの収納本があります。それに合わせて収納しても、リバウンドします。それはあなたのライフスタイルにあった片づけ&収納じゃないからです。

また、家族構成も変わります。それに合わせ、片づけ&収納も変わっていきます。月日の流れとともに、そしてあなたや家族の持ち物に対する想いによって、片づけ&収納を変えなくてはいけません。



まずは、家の中のストレスを書き出しましょう。

片づけ&収納をやる前に、まず家の中を見つめ、不満な箇所やストレスを感じる場所をきちんと把握しましょう。

不満やストレスをきちんとわかった上で行動に移さないと、いつまでたっても不満やストレス解消はできません。

※掃除機の出し入れがしにくい

※子供服の収納がうまくいかない

※食器を収納するスペースが小さい


こんな感じで書いたり、頭の中に浮かべます。

掃除機の出し入れがしにくいなら、スムーズに出し入れできるようにします。それには場所の確保が必要になります。掃除機のまわりに置いてある不用なものは処分しましょう。処分できないなら、ほかの場所に移動させます。






スポンサードリンク

同じカテゴリー(収納)の記事画像
使わずしまっておくのはもったいない
自分にとって大切なもの、愛おしいものを選択する
【収納美】収納に美しさを求める
どこに収納すればいいのかわからない
どんな部屋にしたいかイメージする
片づけ、収納は何度も何度も繰り返す
同じカテゴリー(収納)の記事
 使わずしまっておくのはもったいない (2013-11-20 06:02)
 頂き物は家のイメージに合わなければ処分する (2013-11-19 06:02)
 モノを処分して後悔することは? (2013-11-18 06:02)
 不用品をため込むのは時間を無駄にすること (2013-11-15 06:02)
 不用品をため込むのはお金を無駄にすること (2013-11-14 06:02)
 自分にとって大切なもの、愛おしいものを選択する (2013-11-13 06:02)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。