› 一日一風水 › 開運 › 【開運風水】辛いときは人生が好転するチャンス

スポンサードリンク




2013年09月13日

【開運風水】辛いときは人生が好転するチャンス

トップ > サイトマップ


【追記】
今朝、このブログをアップしたあとに読者の方からコメントをいただきました。ありがとうございます。

icon51お金を大切にする、お金を大好きになる

先日、上記の記事の中で、『家計などに関する数字は丁寧に書かなければ、それはお金を大切にしていないと同じことです。』と書きました。

それに関連して、読者の方から『名前もオンリーワンのものなので大切に書くようにしています。』と教えていただきました。

これは読んだとき、私は自分の名前を丁寧に書いていない、大切にしていないと思いました。

名前は親が我が子の誕生に合わせて、たくさんの想いをこめてつけてくれます。この世にたったひとつしかないかけがえのない親からの贈り物です。大切にしなくてはいけませんね。雑に書いたらダメですよね。どんなときも丁寧に書くようにしなくてはいけませんね。

私は10歳のとき、事故で父を亡くしました。父はいつも空から見守っていてくれると信じています。でも、父がつけてくれた名前でこの世でも繋がっているんですよね。なんかそう思うとすごく嬉しくて嬉しくて。これからはどんなときも丁寧に名前を書きます。

私にこんな素敵なことを気づかせてくれてありがとうございます。

ブログを書いていてよかった。ありがとうございますicon06









ここからが今日の本題ですicon114


生きていると辛くて、辛くて、絶望的になることもあります。

でも、これは好転の兆しであり、チャンスです。

生まれたときから死ぬ瞬間まで、ずっと辛い日々の人はいません。

辛い時間のあとには、幸せな時間がきます。


辛いに、『一』を足すと幸せです。

幸せのときは、辛いときのあとにやってきます。


辛くて、辛くて大変なときは、『一』をプラスしましょうね。

プラス一はあなた次第。この『一』をどう生かすかで、幸せの形も変わります。


日々の暮らしで、風水を実践していれば、運がよくなり、プラス一をうまく生かすことができます。

そのためにも、毎日掃除をしましょう。自宅でも職場でもいいから、最低でも毎日一か所は掃除をする。これを継続することで運が少しずつよくなり、運の強い人になれます。



私自身は毎日風水を実践するようになり、毎日掃除をきちんとするようになり、幸せな日々をおくることができるようになりました。

掃除ぐらいで、掃除なんかで運なんて変わらないという人もいますが、私は掃除で運がよくなったし、幸せになれました。

だから、少しぐらい辛いことや悲しいことがあっても、掃除で乗り越えることができます。



スポンサードリンク

同じカテゴリー(開運)の記事画像
【開運風水】窓、網戸をいつもきれいにする
【開運風水】家の風通しをよくする
【開運風水】クリーニングのビニールの袋は外してから収納する
【開運風水】衣類の収納ケースは天然素材のものを使う
【開運風水】クローゼットに靴を収納しない
【開運風水】クローゼットやタンスは時々風通しをする
同じカテゴリー(開運)の記事
 【開運風水】窓、網戸をいつもきれいにする (2014-09-05 08:05)
 【開運風水】家の風通しをよくする (2014-09-04 08:05)
 【開運風水】クリーニングのビニールの袋は外してから収納する (2014-09-03 08:05)
 【開運風水】衣類の収納ケースは天然素材のものを使う (2014-09-02 08:05)
 【開運風水】クローゼットに靴を収納しない (2014-09-01 08:05)
 【開運風水】クローゼットやタンスは時々風通しをする (2014-08-29 08:05)

この記事へのコメント
おはようございます 夢子さん^^
 
朝のひと流れの掃除の後カフェオレで一服しています^^
しばらく肌寒かったので温かい飲み物が良かったのですが
ここ2、3日は残暑厳しく、また冷たいカフェオレに戻りましたー。
 
私の名前には「幸」の付く漢字があり
以前夢子さんの日記で「数字を丁寧に書く」とあったのと同じなのですが
名前も丁寧に書くようにしています。
銀行などや何かの予約の際、ささっと書いてしまいがちですが
丁寧に大切に書くようにしています。
どなたにとってもオンリーワンのものですから
子供たちにもそう教えています。
Posted by あつこ at 2013年09月13日 09:39
■あつこさん

コメントありがとうございます。

あつこさん、ありがとうございます。私、名前のことはなんとも思っていませんでした。とてもいいお話しを聞かせていただきました。

名前は親がたくさんの思いを込めてつけてくれた、この世にたったひとつのかけがえのない贈り物です。だからこそ、どんなときも丁寧に書かなくちゃいけませんね。

とても大切なことを気づかせてくれてありがとうございます。感謝しています。

この話し、ブログに書きますね。ひとりでも多くの人に知ってもらいたいから。

本当にありがとうございました。
Posted by 夢子夢子 at 2013年09月13日 10:16
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。